2014/5/4 アジサル U-10クラス CFFC U-10 (3位)

2014/05/06 3:05 に 西田周二 が投稿
都留副監督

メンバー ヨウヘイ(C)・ロン・ソウタ・ヒロト・ケンノスケ・ショウダイチ・ユウト・8名

第1試合 VS FC高津 1-0 勝利
得点=ソウタ1

第2試合 VS アミーゴスA 2-1 勝利
得点=ダイチ2

第3試合 VS フウガドールすみだエッグス 1-1 ドロー
得点=ユウト1

第4試合 VS バルデラマ 2-1 勝利
得点=ロン1・ユウト1

予選5チーム総当り 3勝1分け 2位通過となる

第5試合 VS FC高津RED 2-1 勝利
得点=ケンノスケ1・ユウト1

結果4勝1分け=3位入賞(無敗)

本日は副監督の位置の指示を受けていつもより選手に近い場所での観戦となりました。現在の4年生への欠けている事(まとまりがない、声が出ていない、元気がない)を強調して選手へ指示をしました。前日の選手数人が所属しているサッカーチームの試合では、全く声の出ていない事への不満等もありましのでメンタル面を重視して試合に臨めたと思います。其々、内に秘めたる物は必ず、あるはずなのでもっと気持を全面に出してほしいです。そうすれば自然と声が出て動きも良くなるはずです。4年生には特に戦う気持ちを持って試合に臨んでほしいです。(取られたら取り返す、チームメイトへの声かけ、選手同士での会話、1対1での局面で負けない、身体のぶつかり合いで倒れない)ボールを蹴る以前の問題なので成長してくれる事を信じております。

選手への一言

ヨウヘイ・・・
今回もナイスセーブ連発でキャプテンとしても頼もしかったです。
キーパーの位置からが一番全体が見えるでガンガン声を出して皆を動かして指示をして下さい。

ロン・・・
最後の壁です。必ずシュートコースには身体を張っているね。
コーナーでのシュートは武器になっているので全て決められる様に精度をあげて下さい。

ヒロト・・・
オーバーラップして上がってシュートを打つ事はいつもイメージ出来ていると思います。
最後のフィニシュの精度をあげていけるとシュートとアシストの選択ができると思います。点の取れるDFを目指して下さい。

ソウタ・・・
1戦目のミドルシュートはダイレクトでしっかり足が振れていてナイスゴールでした。攻める時の位置、守備に移る時の位置のポジショニングさえ取れればもっとボールに触れるのでボールを散らして下さい。

ショウ・・・
ワンツーで仕掛けて行く意識が高かったので良かったです。
あとはフィニッシュの精度を上げて下さい。オフェンスでのパス交換、ワンツーのタイミングは連携を取るようにすればダイレクトで繋がります。パスアンドゴーで仕掛けて下さい

ケンノスケ・・・
相手をかわすボールさばきは流石です。その次のスルーパスを出せるか?抜いて行ってシュートで終わるか?最後のフィニシュまでイメージして下さい。ボールを取られてカウンターの事もあるけど自信を持って仕掛けて下さい。

ダイチ・・・
2試合目の2得点はらしさが出ていてナイスゴールでした。前線で勢力的に動く事で相手のミスを誘う、味方の動きも良くなるとチームの流れを作ってくれたと思います。
ポジションがいいので他にも得点シーンはありましたのでフィニッシュの精度をあげて下さい。
今の4年全員への手本となりますのでアグレッシブな動きは今後期待しております。

ユウト・・・
1試合最低1点は意識して下さい。まだ無駄にシュートを打つ事、決定的なシーンで決められない事が多いです。
前線でのボールキープで両アラを使う事も今後の課題です。

結果的には3位でしたが優勝できた大会だったと悔しい思いです。
但し、メンタルをしつこく言い続けた事で負けが無かった事が今回の収穫だったと思いました。

お忙しい中、着て頂きました西田さん、色々とご指導の程、有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。
また、片桐監督(選手起用勉強になりました)西澤企画部長(いつも色々な企画有難うございます)また保護者の皆様、暑い中、本当にお疲れ様でした。今後とも子供達の成長を応援させて頂きますので宜しくお願い致します。

Comments