2014/7/13 フットサルクラブ東京杯 小学1年生フットサル大会 CFFC U-7 (4位)

2014/07/28 18:28 に 西田周二 が投稿
片桐監督

フットサルクラブ東京杯(U-7)にCFFC1年生チームが参加いたしました。

今大会は、CFFC1年生チームとして初の大会参加です。
初の大会にも関わらず、子供達は良く頑張りました!
結果を報告します。

【場所】フットサルクラブ東京 はるひ野コート
【日時】2014年7月13日 (日曜日)
【形式】9チーム参加(10分ハーフ)
    予選は3チームで予選リーグ戦
    予選の順位毎に決勝リーグを実施。
【メンバー】ソウジロウ、ソウ、タカユキ、ハルト、ノゾム、カンタ、タクト(初参加)、タクマ(初参加)、シュンヤ(C)
【スタッフ】監督_片桐 副監督_西澤さん
【結果】全4試合3勝1敗_4位

◆予選リーグ第一試合
vs こみねFC
結果:1-2(負け)
得点者:カンタ
※緊張の初戦。試合開始前まであれだけはしゃいでいたのがウソみたいに、みんなお地蔵さんのようにカチコチになってしまう。
そのまま中央突破を許し、開始1分も経たないうちに、いきなり先制を許してしまった。
…これはまずいかも??
このままずるずる行ってしまうかと心配したものの、その後は何とか持ち直し、徐々にペースを掴み始め、押し気味に試合を進める。
しかし、なかなか点が入らない。ゴール前までボールを運ぶも肝心のシュートが決まらない。
そのまま前半が終了し、後半も点が入りそうで入らない展開が続く。
そんな中、あと一息のところで一瞬の隙をつかれて追加点を許してしまい、万事休す。
その後何とかカンタのゴールで1点を返すも、1-2で試合終了。
初陣を飾ることができませんでした。
試合内容では勝っていただけに、開始早々の失点が悔やまれる結果となってしまいました。

◆予選リーグ第二試合
vs 小菅サッカークラブ
結果:5-2(勝ち)
得点者:ソウ×3、カンタ、タクト 
※予選リーグ2試合目、1試合目の反省を生かしたいところ。
そしてこの試合から、絶対的エースのソウ(4年ハルの弟)が参加。
やはりソウはすごい!
いきなりハットトリックを達成し、チームに流れを呼び込んでくれました。
ソウの活躍に周りのメンバーの気合も入り、カンタ、初参加のタクトもゴールを決め、終わってみれば5-2で初勝利を飾ることができました。

その結果、予選リーグは1勝1敗の2位で、惜しくも中位リーグになりました。

◆中位リーグ第一試合
vs 大谷戸FC 
結果:9-0(勝ち)
得点者:ハルト、ソウ×7、ノゾム
※予選2位同士が集まった、中位リーグ戦。
決して弱くはない相手に圧倒的な試合を見せてくれました。
今大会、ゴレイロで大活躍のハルトがフィールドでも大活躍しました。
ハルトの先制点を皮切りに、怒涛のゴールラッシュ。
何とソウは7得点!終わってみれば、9-0の大勝利でした。

◆中位リーグ第二試合
vs 長津田Buddy
結果:10-0(勝ち)
得点者:ソウ×6、シュンヤ×2、カンタ、ソウジロウ
※本日最終戦。勝って4位で終わろうと気合入れて試合に臨みました。
この試合も、前の試合の流れを引き継ぎ、怒涛のゴールラッシュ!
ソウは、相変わらずの得点力でゴールを量産し続け、6得点を上げる。
他のメンバーも勢いに乗って得点し、何と10-0の勝利!
中でも、ソウのアシストからソウジロウが決めたゴールは、チームの一体感が生まれた素晴らしいゴールとなりました。

<総括>
初の大会に臨んだ1年生達。
最初はちぐはぐな感じでしたが、終わってみれば、チームの一体感も生まれたいい大会となりました。
新メンバーのタクト、タクマも、試合を重ねるにつれて、どんどん動きが良くなっていき、それとともに、チームの勢いが増していきました。
今大会を通じて、子供たちは、負ける悔しさ、勝つ楽しさを味わい、サッカーの楽しさを感じていただけたと思います。
また、普段遊んでいる印象しかなかった子供達(小さい頃から知っているので‥)の真剣な姿を見ることができ、監督としても本当に良い経験ができたと思いました。
そして大会が終わった後、子供達はみんな口々に ”楽しかった!”、”次はいつ?”、”またやりたい”と目を輝かせて言ってくれました。この気持ちが大切ですね!
準備不足で心配でしたが、大会に参加できてほんとに良かったと思いました。


<各選手に一言>
・ソウジロウ:
チームのマスコット的な存在のソウジロウの笑顔にいつも癒されます。
今日は真剣な姿を見ることができて良かったです。
ソウジロウの得点シーンは、周りの親たちも含めてほんとに盛り上がりました。
足元の技術は良いものを持っています。
もっと自信を持って前を向いてプレイすることを心がけると更に良くなります!

・ソウ:
今大会16得点。ダントツで大会の得点王も獲得しました。
優勝したパーシモンのどの選手よりも、すごかったです。
得点だけでなく、危ないシーンでは、最終ラインにまで戻ってディフェンスをしてくれました。
こういった活躍がエースたる所以ですね。言うことなしです。

・タカユキ:
前線で良く動いて頑張っていました。
タカユキは前を向くトラップがうまいと感じました。
お兄ちゃんたちとの練習の成果を見て取ることができます。
トラップ技術を生かして、今後はシュートも磨いていこう!

・ハルト:
自ら進んでゴレイロを3試合もこなしてくれました。
持前のガッツ、反応の良さで、チームの守護神として圧倒的な存在感を示していました。
一年生でここまでできるのは、すごいです。
また、声も良くでて、チームのモードメーカーにもなっていました。
この調子で頑張っていこう!

・ノゾム:
良く動いてチームに活力を与えていました。
チーム内で最もクレバーな選手で、バランス感覚に優れています。
アラでもフィクソでも安定した活躍を見せてくれました。
基礎練習をもっとすれば更に良くなるので、頑張ろう!

・カンタ:
ソウに継ぐ得点を決めてくれました。
ノゾム同様、運動量が多いので本当に助かります。
ゴールに対する嗅覚、スピードはGOODです。
キック力と精度を高めれば、更に得点力が上げると思います。

・タクト:
初参加にも関わらず、良く頑張りました。
最初の試合はなかなかボールに絡めなかったけど、2試合目以降は見違えるように動きが良くなりました。
特に、フィクソから上がって決めたゴールは圧巻でした。
タクトは、テクニックとスピードが抜群なので、もっともっと自信を持ってプレイしよう!

・タクマ:
タクマも初参加にも関わらず、良く頑張りました。
タクマの良いところは、足元の技術に優れ、落ち着いてプレイができているところです。
まだ、遠慮している部分があるので、もっともっとボールに絡んでいけると良いです!

・シュンヤ:
キャプテンとして良く頑張りました。
今大会の出場チームでパスを出せるチームが無い中、フィクソからのパス出しが何回か出来ていたので、良かったと思います。
いつも一緒に練習してくれるお兄ちゃん達(ショウ、ソウタ)に感謝しましょう。


<最後に>
遠いところ応援に駆け付けていただき、また、審判もやっていただきました西田総監督、本当にありがとうございました。
西田総監督、西澤副監督、保護者の皆様のサポートがあったおかげで、子供達にとって貴重な経験となった良い大会とすることができました。

そして、保護者の皆さん、心強い声援を送っていただきありがとうございました。
保護者の方の協力のおかげで、チームとしての一体感が生まれたと思います。
今後も、数多くの大会にエントリーしていきたいと思います。
今後ともご協力をよろしくお願いします。

以上です。
Comments