2014/9/23 第18回Futsal Stage Jr.CUP【4年生】 CFFC U-10(T) (4位)

2014/09/30 5:09 に 西田周二 が投稿
西澤コーチ

9/23(火)「第18回Futsal Stage Jr. CUP」にCFFC4年生チームが参加しましたので、結果を報告いたします。
既に李さんからメールがあった通り、KチームとTチームの2チームが出場しました。遅くなりましたがTチーム(田上チーム)の報告を致します。

【場所】フットサルステージ多摩センター
【日時】2014年9月23日(火・祝)
【形式】フッドサル、6分ハーフ
【チーム】4チーム参加。チーム総当たり戦(3試合)+ 決勝トーナメント(2試合)、total:5試合。
【チーム名】CFFC U10-T
【監督】田上さん
【副監督】須藤さん
【メンバー】ジョー、ダイチ、ユウタ、ショウ、ケンノスケ(5名)
【結果】全5試合2敗3引き分け-第四位。


●予選リーグ第一試合
vs CFFC U10-T
結果:0:0(引き分け)
得点者:なし
<Kチームコメント:再掲>
いきなり、CFFC同門対決。
お互いに知り尽くしたチームとの対戦、一進一退の快速の攻防。練習試合より真剣度は高い。いままでの初戦はなかなかエンジンがかかりませんでしたが、今回2チームともエンジン全開でした。積極的に走り、パスを有効に回す、スペースを開け、攻防の快速切り替え。見事な初戦でした。
これて行ける!
また決勝で会おうと思いました。

<Tチームコメント>
同門対決とはいえ、勝負は勝負。絶対に負けたくない。相手に西田さんが付いたがこっちには室井さんが付いている。鉄壁ゴレイロのヨウヘイを取られたがその分こっちにはゼネラリストタイプを何枚も入れた。勝てる・・・
試合開始からは選手の対決の外からママの応援合戦、ベンチからの怒号とすさまじい熱戦が繰り広げられましたが、勝負付かず。
1試合目でこの日の体力の半分を使った感じでした。
また決勝で会おうと思いました。

●予選リーグ第二試合
vs フウガドールすみだエッグスU10
結果:1:1(引き分け)
得点者:ショウ

前半の試合展開はスローペースで進展。相手はトラップミスも多いがチャンスを活かしきれない展開。3分にショウが右からシュートを決め先制。
ピンチらしいのは相手にPKを与えた1場面のみ。
後半はこちらのパスがつながらず、またディフェンスが甘いところつかれ、失点。おしくも引き分け


●予選リーグ第三試合
vs ゾットWASEDA INFANTIL
結果:3:3(引き分け)
得点者:ジョー×2、ケンノスケ

やや疲れが見え始めているが選手は5名のみ。
頑張れとしか言えない中で、決勝トーナメント進出をかけて負けられない試合。
しかし前半はディフェンスのカバーに戻ることがなかなかできず2点を失点。ジョーが1点を返すも1-2の劣勢状態で後半戦へ。
ここで監督が気合いを入れ直し、自分たちのフットサルに目覚めたCFFCチームT。後半はまずジョーが2点目を入れ同点に追いついた後も終始CFFCペースで試合をリード。PKを奪い、ジョーから出たチョンをケンノスケが決め3点目。しかし、相手チームに1点を返され3-3の同点となり、予選リーグ3位。
残念・・・と思いきや、決勝トーナメントは4チーム全部が進出できるルール。3位は2位と当たるだけの話。しかしここまでの試合で5人は完全燃焼してしまっている・・・

●決勝トーナメント第ー試合(準決勝)
vs ゾットWASEDA INFANTIL
結果:0:2(負け)
得点者:なし
先ほど戦ったチームとのの再び対決。相手チームは15人くらいいるマンモスチーム。もはや体力面でいかんともしがたい差が出ていた・・・

それでも気持ちは負けなかった。前半で1点、後半で1点の失点に抑え、なんとか無様な試合をしなかった。試合途中、ジョーが足を負傷し、4名で戦ったが、立派に戦いました。


●3位決定戦
vs CFFC U10-K
結果:1:1(引き分け)PK戦で敗戦
得点者:ショウ
統計データ
(すみません、李さんのデータです。)
- コーナーキック
 CFFC-K: 1
CFFC-T:2
- シュート
 CFFC-K: 4
CFFC-T:5

<Kチームコメント>
最後の1戦、また同門対決。決勝戦で会いたかった!
3位戦でも「全て出し切ろう」と、監督が事前励ました。
試合開始、足が止まり、パスの精度が落ちた問題は再現。膠着状態の試合は最後まで続きました。ロンのロングシュートで先制しましたが、後半、ショウのシュートで1点返されました。以後、一進一退が続く。ヨウヘイのナイスセーフのおかけで、相手の攻撃を数度止め、引き分けに終了。念願のPK戦に突入。PK戦でも、ヨウヘイの本領を発揮、見事に一点を守った。一方、ユウト・ロン・ヒロトは3発3命中で3位をGET.

<Tチームコメント>
試合展開・・・省略(互いに負傷者を出しており、Kチームにシュンヤ(1年)、Tチームにタイセイ(2年)が交代選手として短時間でしたが活躍しました!)
さて緊張のPKに突入。ここでゴレイロヨウヘイは要塞のように見えた。
しかし、この至近距離。確率的にはキッカーのほうが断然有利。
ガンバレ!皆の祈りに近い視線を背負った第1キッカーのケンノスケが・・・あっさりヨウヘイに止められ不発。あとは全キッカーが決めたため2-3で終了。


【総括】
今回2チーム分けを提案したのは私でした。もしも1チームで出場していたなら優勝できていた可能性が高いと思います。
しかし、3チームでの優勝よりも、選手たちの経験を優先し、皆様が賛同してくださいました。
CFFC4年は新たな局面を迎えております。今回の試合は、これまでのCFFCフットサルチームとしての有終の美を飾るに相応しい素晴らしい試合だったと思います。

最後に、本大会に駆けつけて頂き熱心にご指導頂いた西田代表、室井総監督、田上さん、須藤さん、藤岡さん、タイセイ、ママの皆様、Kチームの皆様、本当にありがとうございました。
Comments