第3回TOKYOスポーツチャレンジ大会U-12詳細結果

2010/07/20 5:47 に 室井大作 が投稿

 

第3回TOKYOスポーツチャレンジフットサル大会U-12が
2010年10月17日(日)に行われました。
チーム名 CFFC-R
室井監督
秋山コーチ
堀内コーチ
 
メンバー
舜介(5年)
亮哉(5年)
一輝(5年)
耀士(5年)
勘士(5年)
陽平(5年)
 
戦歴 2 勝 3 敗 1分 15チーム中 / 7位
3 得点 11失点
ゴール   耀士2 ・ 一輝  1 
 
予選 1回戦 vs FSJ.Blue U-11 1-0 (耀士1)
・皆スタートはいつもの事ながら固い!ディフェンス重視で0点に押さえ
 耀士がゴール!理想的な勝ち方で初戦勝利!
 
予選 2回戦 vs FOOTBOZE FUTSAL 0-1
・先週 、インドアカップ U-12で敗れているのでリベンジにと。
 相手が強いほど燃えるこのチーム。しかし、フットボーズさんは強い。
 善戦むなしく負けたけど、よく頑張った!
 また、やりたいなと思うチームだね。
 
予選 3回戦 vs KJF
・体の大きい選手の多いチームだった。しかし、力負けしなかったのは
 とても大きな進歩。あと少しだったけど、点が取れなかったのが残念。
 
予選 4回戦 vs チャレンジKS
・予選最終戦。3試合をずっとディフェンス重視のフォーメーションでやっていたので、少し攻撃的に変えてみましたが、
 ここで大きな落とし穴が。 ディフェンス中心でやっていたので、選手の体力が急激に落ちていた。
 交代メンバーが1人。 沢山点を取られ、気持ちも体力も集中も途切れてしまった。
 皆疲れていたのに、それを気付けなかった監督の責任。
 
 
2位3位チームトーナメント vs スポーツ会館 1-2 (一輝1)
・やはり、何人かの選手たちが疲れを見せる中、一輝がゴール!
 決して負ける相手ではなかったと思うが、1本10分の壁が負けにしたと思った。
 
最終順位戦 7位8位決定戦 vs CFFC 1-1(PK3-2)
・またも同門対決!負けたくないなと。しかし、いきなり先制点を取られる。 
 が、点取り屋の耀士が同点ゴール!そのままPK戦。勘士のファインセーブ(PKを3本全部止め)勝利!
 
 
陽平:頑張ったな。以前よりはるかに成長したな。有難う!
ゴールへのシュート。今度は確実に入れられるよう、沢山練習してね。
 
勘士:ホンダカップ同様、自分が監督になると、勘士が正GK。
    沢山のファインセーブがあった。有難う!
 
耀士:やはり、点を取る嗅覚はピカイチ。体の大きい相手を倒したフィジカルは凄かった!
 
一輝:体力に難有り?いやいや、よく走った!ゴールも決めてくれた!
    ディフェンス・オフェンスとカバー有難う!
 
亮哉:体が疲れているのに弱音を吐かず、よく頑張った!
    声も出していたし、ディフェンスでは一番の貢献度だった。有難う!
 
舜介:全試合、フルスタメン。疲れているのにホントに頑張った。
    ゲームコントロールしてくれて有難う!
     
CFFC‐R総括
選手・保護者の方々、大変お疲れ様でした。
やはり、5年生になりU-12大会だとほぼ相手は6年生。
フィジカルの差に痛感されます。
U-10と違いU-12となると何処のチーム監督も組織敵作戦やシステム等を
使い始めています。
この学年になると楽しく出来るサッカーから何か変わってきてるのかなと。
勝てば楽しい?負ければ楽しくない?どうなんでしょう?
もしかしたら自分が一番思っていたかもです。自分も勉強不足でした。
 
やはり、普段練習してきた成果をこういう試合に全力でぶつけさせ、
勝てば嬉しく、負ければ悔しい、次頑張ろうねと楽しく言える監督を目指します!
 
今後も皆様の御指導、御協力宜しくお願い致します。
 
 
CFFC‐R監督 室井
Comments