U-8(2年生) マリノス大和フットサル大会優勝!

2011/12/23 5:56 に 片岡道明 が投稿
今年3月のキッザニア大会予選で、感動の激戦を繰り広げた勇士達がとうとうやってくれました!
 
11月23日(祝水)に大和市フットサルクラブマリノス大和で開催されたU-8のフットサル大会で、
堂々の全勝優勝!(出場6チームによるリーグ戦) キッザニア以降新メンバーも加わり、
確実に成長しています。こいつらはやっぱり何か〝持ってる”な。
 
以下詳細内容記載します。 ※得点者の隣の( )はアシスト
 
1試合目 vs PIVO (2-0 勝利)
 1点目 カナイゼン (タカギノブヒロ)
 2点目 ナガミダン 
 久々のフットサル公式戦。硬さが目立ち、緊張しながらのスタート。
 そんな雰囲気を ”隼のゼン” が打ち砕き、”ダイナマイトレフティーダン”がダメ押しシューーート!
 監督は1試合目でいけることを確信。
 
2試合目 vs 大和見南FCレッド (1-0 勝利)
 1点目 カナイゼン (ナガミダン)
 おそらく今大会一番の強豪。引き気味の相手になかなか突破口が見いだせない。
 重苦しい雰囲気を打ち砕いたのはやはり ”隼のゼン” !
 数百メートル上空から地面にいる小動物を一瞬に捕えるハヤブサ。一瞬の隙をかいくぐってゴールハントする
 おまえはやはり ”隼”だ! 
 フットサルGKデビューのタイガも渾身のセービーングでゴールを死守。体を張って相手にドリブルさせない
 コウスケ。全員サッカーで勝利をつかみ、今日の優勝を早くも確信。
 
3試合目 vs 鶴川ブルファイトSC (5-1 勝利)
 1点目 カナイゼン
 2点目 ナガミダン (フジモトリク)
 3点目 カナイゼン
 4点目 カナイゼン
 5点目 タカギノブヒロ (カタオカユウタロウ)
 今大会唯一の失点も、ゼンのハットトリックで勝利。ゼン...今日のお前はなんなんだ?
 他チームから引き抜かれるからあまり目立つなよ。神が降臨中のお前にいま何を言っても無駄だな...
 「おいおい!俺たちを忘れるなよ!」とばかり、ノブがダメ押しのダメ押し5点目をゲット!
 リク、ユウタロウもいぶし銀のアシストで存在感をアピール。
 
4試合目 vs 大和南FCブルー (6-0 勝利)
 1点目 ナガミダン (カナイゼン)
 2点目 ナガミダン (マミヤツバサ)
 3点目 カナイゼン (ナガミダン)
 4点目 カナイゼン (ナガミダン)
 5点目 フジモトリク
 6点目 カタオカユウタロウ (ミヤタニタイジュ)
 おいおいもうやめてくれ!まさに意志を獲得したサイボーグ達が集中制御不能なままに動き回っている(恐)。
 監督はそこまでもとめてないぞ。相手はおそらく1年生。そうか、お前たちは背中を見せてるんだな。
 相手の成長とやる気を引き出すために、後輩達に背中を...なんて奴らだ。
 
5試合目 vs 鶴川ブルファイトブルー (2-0 勝利)
 1点目 フジモトリク (ナリサワコウスケ)
 2点目 ナリサワコウスケ (タカギノブヒロ)
 ゼン、ダンの二人が暴れまくった今大会。助演男優賞の座を狙うべく、眠っていた虎たちが動きだした。
 イケメンレフティーリクのファンタジックなドリブルとトリッキーなパスから繰り出される流れるような
 展開は相手を翻弄。一点目は生まれるべくして生まれた技ありのシュート。
 そして大成長のコウスケは天性のポジショニングから大会を締めくくる得点でまさに”締め”のご挨拶。
 2位を確保したい相手の応戦も、タイジュの頭脳的なディフェンス、チーターばりのスピードでボールを
 かっさらうツバサの前には歯が立たない。
 
 
終わってみれば5戦全勝での完全優勝。
制御不能に陥っていたサイボーグ達は、試合が終わるといつものあどけなさが残る笑顔で優勝を喜んでいる。
表彰式後に、鶴川ブルファイトブルーの監督が近寄り一言 「いいチームですね!みんながちゃんと役割
を分かっているし、キーパーのボールリリースがすばらしい!どこでやってらっしゃるんですか?」と。
他チームの監督から褒められるなんて嬉しすぎる!!!
ありがとう戦士たち。遠い場所にも関わらず応援してくれたお父さん、お母さんありがとうございました。
25日はザムストカップ。連続優勝しか狙ってませんよ!
 
以上、今回はドキュメンタリーチックにまとめてみました。
 
※妻が文章を読んで一言 
 「制御不能なサイボーグ達だったら、監督何も関係ないじゃん。おやすみー」(12/23 23:52の片岡家での一コマ)
 
 
 
Comments